顧問企業

1100社

を超える実績

このようなトラブルで悩んでいませんか?

問題が悪化する前に!ベリーベスト法律事務所へご相談ください~

  • 元従業員から、2年分の残業代を払うよう内容証明が届き、労働審判の申し立てをされそうだ
  • 元従業員から、労働審判の申し立てをされ、解雇無効と未払給与支払いを求められた
  • 労働審判を申し立てられ、当日の対応答弁書の記載方法に不安がある
  • 労働審判で会社に不利益が発生したため、社内体制を見直したい

労働問題に精通した弁護士に依頼することで事態の悪化を防ぎ
労働審判での最適な戦略を立てることで無用な不利益を防ぎ、迅速に解決へと導きます。

労働審判を申し立てられたときに注意すべき3つのポイント

発生直後

労働審判の第1回期日は申し立てから40日以内に指定され、期日の1週間前までに答弁書を提出する等、迅速な対策が必要です

労働審判では、第1回の期日で全ての主張・証拠が提出され、労働審判委員会の心証が第1回で決まってしまうことがほとんどです。

そのため、労働審判申立書が届いてから、答弁書の提出締め切りまで2週間から3週間程度の準備期間で最適な戦略を立て、会社側の主張を全て盛り込んだ答弁書を作成し、過不足ない証拠書類の提出をすることが非常に重要です。

裁判所から労働審判の期日呼出状を受け取ったら、顧問弁護士がいない場合には、すぐに第1回期日に裁判所に出廷が可能な弁護士を探す必要があります。労働審判において弁護士選任率は8割を超えています。

労働審判に精通した弁護士に依頼することで短期間での準備が可能

労働審判対応の経験豊富な労働問題専門チームの弁護士に依頼し、法的検討を踏まえた最適な戦略を立てる必要があります。会社側に不利にならないよう適切な和解の水準を想定しつつ、証拠を収集し、答弁書を作成し、また当日の対策を行い、短期間で労働審判対策を行う必要があります。

労働審判

労働審判当日の対応は、弁護士との事前の打ち合わせが重要です

労働審判の期日当日には、会社の代理人弁護士だけではなく、裁判所から提示される和解条件を受け入れるか否かを決定する必要があるため、和解条件を決める権限を持つ会社の担当者が出席する必要があります。中小企業の場合には、社長が出席することが多いです。

期日には、裁判官が直接、会社の担当者に話を聞く審尋があり、裁判官が会社の担当者に厳しい質問をしたときに、適切に答えられなかったり、答弁書と矛盾したことを述べた場合、弁護士がフォローできず、不利な条件になってしまう可能性があります。

労働審判に精通している弁護士に依頼することで期日当日の対策が可能

労働問題専門チームの弁護士が有利な条件になるように戦略を立て、準備した答弁書をもとに事前に入念な打ち合わせを行い、想定問答集を作成し、実際に期日当日に審尋に参加する会社の担当者と審尋のリハーサルを行います。

当日、会社側に不利にならないように労働審判委員会の心証を獲得するために、適切に主張・立証が行えるようサポートいたします。

解決後

問題解決後、社内体制の不備で再度、同じ問題が発生しないよう整備を

労働審判は、準備期間が短く対応に時間と労力がかかるだけではなく、準備不足により多額の解決金の支払いを余儀なくされる場合もあるため、経営に与える影響を極力少なくするために、できる限り未然に防ぐ必要があります。

社内体制を整備することにより、問題が起きた場合、事前に弁護士に相談することで法的リスクを踏まえた対応が可能となり、無用な労働問題に関するトラブルを避けることができます。顧問弁護士を雇うことで、気軽に法律相談を受けることも可能です。

労働審判に精通する弁護士に依頼することで社内体制の整備が可能

法的リスクを少なくする労働契約書、就業規則などの諸規程、書面やマニュアルを策定するなど労務に関する法令順守体制づくりを行います。書面化して明確にすることにより、問題の再発防止につながり、将来裁判など紛争になった場合に会社側の主張を認めてもらいやすくなります。

問題が悪化する前に、最適な方法で解決するためには、早い段階で、弁護士に依頼し問題の発生・悪化を未然に防ぐことが重要です。

ページトップへ

労働審判解決までの流れ

  1. ①申し立て
  2. ②呼出・準備
  3. ③答弁書提出
  4. ④審理
  5. ⑤調停
  6. ⑤審判
  7. ⑦異議申し立て

詳しくはこちら

ページトップへ

労働審判の相談事例

事例紹介

退職したと思っていた社員から職場復帰と退職日以降の給与の支払いを求める労働審判の申し立てをされた事例

弁護士のアドバイスと迅速な対応のおかげで争う方向を間違うことなく、適切な内容で解決。

詳しくはこちら

ページトップへ

労働審判対策なら、ベリーベスト法律事務所へご相談を

ベリーベスト法律事務所では、顧問企業数1100社を超え、労働相談・労働トラブルに関して、多くのご依頼をいただいております。その中で、労働問題専門チームの弁護士がご依頼者の希望にそった解決に導いた実績が多々あります。

また、グループの社会保険労務士法人と連携して労災に関するサポートが可能です。豊富な経験とそれに裏打ちされたノウハウにより、労働問題の発生前から解決、そして再発防止の体制作りまで、あらゆる労働問題を迅速に解決する体制を整えております。

ベリーベスト法律事務所に依頼するメリット

法律相談

1100万件

の実績

  • 労働問題専門チームの弁護士をはじめ約130名の弁護士が対応
  • 顧問企業数1100社以上、労働相談・労働トラブルの豊富な実績
  • 東京本店だけではなく、全国に支店があり、テレビ会議システムで遠隔での打合・会議が可能
  • 社会保険労務士法人と連携し労災保険に係るサポートも可能
  • 外国人の労働災害に係る対応も可能(中国人弁護士による対応も可能。)

詳しくはこちら

ページトップへ

労働審判の費用

労働審判に関する弁護士費用に関しては、料金表をご覧ください。

ページトップへ

労働審判のお問い合わせから解決までの流れ

ベリーベストは、あらゆる労働問題を迅速に解決します。

  1. STEP1 お客様からのお問い合わせ
  2. STEP2 弁護士によるご相談・ご契約
  3. STEP3 各種解決方法のご提案
  4. STEP4 具体的な交渉や当事者への対応
  5. STEP5 解決
  6. STEP6 制度構築などのアドバイス
  7. STEP7 問題の再発を防止

労働問題のお悩みは、まずは、ベリーベスト法律事務所まで、お問い合わせください。
お問い合わせ・お見積りは無料ですので、お気軽にご連絡ください。