配置転換・出向・転籍

転勤の拒否

当社の社員に地方転勤の打診をしたところ、家庭の都合で単身赴任になってしまうことを理由に断られました。このような場合、地方転勤を命令することはできないのでしょうか。
「引越しをすれば、共働きの妻が今の仕事を続けられなくなり、家計が圧迫される。」という理由の場合はどうでしょうか。

いずれの場合でも、地方転勤を命令できる場合がありますが、地方転勤の必要性や社員の被る不利益に関わる具体的状況を慎重に検討する必要があります。

続きを読む

出向社員の出向

当社の子会社が人員不足の状態です。そこで当社にいる他社からの出向社員をその子会社にさらに出向させようと考えております。何か問題はあるのでしょうか。

出向が認められない可能性も考えられます。

続きを読む

配置転換の拒否

経理部で働いている社員について、営業部へと異動命令を下したところ、「私のキャリアを考慮してくれないような異動命令に応じる気は無い。」と社員に反発されています。
この社員は、経理の仕事経験が豊富で、かつ、経理に関する資格も多く有するということで、中途採用した方なのですが、経理以外の仕事も行うことになるかもしれないということは当初から口頭で説明していました。
また、雇用契約書においても、業務内容を経理に限定することはしていません。
異動命令は正当なものであるとして、命令に応じない社員に懲戒処分を下してもよいでしょうか。

異動命令は正当なものとして認められる可能性がありますが、懲戒処分を下すためには慎重な判断が必要です。

続きを読む

一方的な降格

当社の置いている営業所の一つの業績不振が激しく、その営業所の所長が、所長としての適格性に欠けていると人事評価がなされたため、所長代理に降格させることを考えています。
しかし、所長代理への降格を通告したところ、「私は所長代理の仕事をする気は無い」と言って承諾してくれません。
本人がこのような態度では、所長代理のポストをつけたところで、かえって営業所の業務に支障を来たすおそれがあるため、所長代理よりも下の営業社員への降格を検討しています。
いきなり2ランク下へと降格させることは出来ないのでしょうか。

人事権の行使として裁量の範囲内であれば2ランク下の降格も認められる場合があります。

続きを読む