求人・採用

内定の取消し

採用面接に来られた方に対して内定通知書を交付したのですが、その後、その方の経歴に嘘があることが分かりました。
また、内定通知後、経営状態が悪化したという事情もあり、内定を取り消したいのですが、内定を取り消してしまってもよいでしょうか。

内定を取り消すにあたっては、解雇に匹敵する慎重な対応で臨む必要があります。
採用内定は、通常、始期付・解約権留保付の労働契約を成立させるものと考えられています。内定取消しは、すでに成立した労働契約について留保解約権を行使するもの、すなわち解雇の一種であり、解雇権濫用法理の適用を受けます。

詳しい解説

留保解約権を行使できる事由は、採用内定通知書や誓約書に記載された内定取消事由を参考にして定められますが、判例によれば、その取消事由が自動的に是認されるわけではなく、さらに「採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実であって……解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に合理的に認められ社会通念上相当として是認することができるもの」に限られます。

経歴詐称については、その内容・程度が重大なもので、それにより従業員としての不適格性あるいは不信義性が判明したといえるのであれば、内定取消事由として認められやすいでしょう。内定通知後の経営悪化については、整理解雇に準じた検討が必要となりますが、内定通知の際に予測できなかった急激な経営環境の悪化が生じたという事情があれば、それは内定取消事由として認められる積極要素となると考えられます。

この点については、個別具体的な事情を考慮して判断する必要がありますので、より確実な見通しを立てるためには、弁護士等の専門家にご相談されることをお勧めいたします。