よくあるご質問

労災保険支給と損害賠償請求

労災保険が支給されたら、使用者は労働者に損害賠償しなくて良いのでしょうか。

そうとまではいえません。
使用者は、労働基準法の定める労災補償を行った場合は、同一事由(当該労災)については、補償をした価額の限度で民法上の損害賠償の責任を免れます(労働基準法84条2項)。また使用者は、労働者災害補償保険法により労災保険給付がなされるべき場合は労働基準法上の補償の責を免れるので(同条1項)、被災した労働者またはその遺族に労災保険給付が行われた場合にも、支払われた価額の限度で同様に損害賠償の責を免れる(同2項)と解されます。

詳しい解説

しかしながら、その反面、労災補償や労災保険給付でカバーされない損害(精神的苦痛に伴う慰謝料など)については、使用者は民法上の損害賠償の責を免れず、被災した労働者または遺族は使用者に対して民法上の損害賠償請求をなしうることになります。

                                             

したがって、労働災害となった場合には、使用者としては、労災保険支給申請手続と合わせて、損害賠償責任を問われる可能性も視野に入れながら使用者としてなすべき対応について検討する必要がありますので、できるだけ早期に専門家と相談した上で、対応を検討することをお勧めします。