よくあるご質問

労災保険が支給される場合

労災保険はどのような場合に支給されるのですか。

業務災害(労働者が就業中に業務が原因となって被った負傷、疾病または死亡。以下「負傷、疾病または死亡」を「傷病等」といいます。)・通勤災害(通勤によって労働者が被った傷病等)に関する保険給付と、脳血管疾患・心臓疾患の予防・治療のための二次健康診断等給付になりますが、問題となることが多いのは、以下の業務災害と通勤災害に関する保険給付になります。

詳しい解説

1.業務災害
業務災害かどうか(「業務上」かどうか)は、当該労働者の業務と傷病等との間に、一定の因果関係があるかどうか、という観点から判断され、労働者が労災保険の適用される事業場に雇われて、事業主の支配下にあるときに、業務が原因となって発生した災害に対して保険給付がされます。

業務災害となった場合の保険給付の概要は、療養補償給付・休業補償給付・傷病補償年金・障害補償給付・介護補償給付・遺族補償給付・葬祭料になります。

2.通勤災害
通勤災害かどうか(「通勤による」かどうか)は、就業に関し、①住居と就業の場所との間の往復、②就業の場所から他の就業の場所への移動、③①の往復に先行または後続する住居間(単身赴任先住居と帰省先住居との間)の移動を、合理的な経路および方法で行うもので、業務の性質を有するものを除くかどうかという観点から判断されます。移動の経路を逸脱し、または中断した場合には、逸脱または中断の間およびその後の移動は「通勤」とは判断されないのですが、例外的に認められた行為で逸脱または中断した場合には、その後の移動は「通勤」と判断されます。

通勤災害となった場合の保険給付の概要は、療養給付・休業給付・傷病年金・障害給付・介護給付・遺族給付・葬祭給付となります。